ネットとリアルの境界線にあるオモシロコンテンツ

オモログ

酔いどれ日記

パスワードが成功哲学になり人生を変える~このシンプルながら強力なテクニック使えます。

更新日:

パスワードの

米国発Mediumの記事に、とても実践的・実用的でなんとも素敵な話を見つけました。

原題は、"How a password changed my life."
「パスワードが僕の人生をどう変えたのか」という話です。

イマドキ、パスワード?って聞くといきなりハッキング?とか昨今のベネッセの事件もあって流出?とか思い浮かべる時代です。
ただこの話、それとは全く違います。

私が思うにこの記事、ある意味極めて現代の生活に根差した成功哲学でもあり、そこらへんのマインド関係のセミナーなんか聞くよりよっぽど価値があるかもです。

以下、オリジナル記事に沿って、私の気ままな迷訳ながら、ウイスキー片手にやってみますので、おかしいぞこの訳は・・・と思われてもまぁまぁまぁまぁという感じでお許しください。

それとオリジナル記事ではアットマークが小文字ですが、ここでは大文字の@に変換していますので、その点もご了解ください。


How a password changed my life.(KENBO訳)

「なんだって彼女は僕をこんな目にあわせたんだろぅ……」
毎日、幾度となく同じ言葉が頭の中に響いてたよ。

2011年のことだったけど、まわりは皆輝いてて、iOSのアイコンには全部意味を感じていて、皆デオドラント使いまくりで・・・でも僕はえらく打ちのめされてたよ、離婚のせいで。

でもありがたいことに、まわりには素晴らしい友だちたちがいてくれたので、僕はそれほどバカじゃないって思っていられたよ。
それで、なんとかそんな気分から脱出できたわけ。

そんなある日、オフィスに入っていつものようにパソコンを起動。

このメッセージ見るまでは良かったんだけど・・・

「パスワードの期限が切れました。『パスワードを変更』をクリックして、パスワードを変更してください」

もちろん、『パスワードを変更』がそれだけで済まないのはわかってる。

僕の職場ではMicrosoft Exchangeが使われていて、30日ごとにパスワードを変更するよう世界中に散らばる何千人もの従業員に強要してるんだよ。

ああ、面倒くさいったらありゃしない。
その強要してることというのは、まず最低1文字は大文字であって、最低1文字は小文字も使って、最低1文字は記号も使って、最低1文字は数字も含んで、おまけにパスワードは最低で8文字以上でないとダメ。
さらに制約があって、過去3ヶ月以内に使ったパスワードは使えない・・・

その日、火曜の朝9:40だったけどほんとにイライラしてたんだよ。
なぜかって・・・暑くて仕事始める前にもう汗びっしょり、ヘルメットまだ被ったままだし、朝メシを食べるのも忘れてたし、口の中はたばこのいがらっぽい感じが残ったままで・・・

なのに10時のミーティングまでにやらなきゃならなことがイヤというほどあるのに、目の前のこの「パスワード変更」作業は時間の無駄としかいいようがない。

そう、わかった、やるしかない・・・
このカーソル点滅してるやつ、これから毎日30日間、日に何度も入力しないとならないパスワードを僕がタイプするのを待ってる。。。

その瞬間、前のボスから聞いたあるやり方を思い出し、フラストレーションは吹っ飛んだね!

前のボスは『ToDoリスト』を混ぜて、パスワードをつくるって言ってたな。
そのやり方をヒントにちょっと応用してみたらどうだろうかと思ったんだ。

僕はそれから、人生を変えるためにパスワード使い始めたんだ。

今のままの暮らし方や気分では、どんなことにも集中できないのははっきりしてる。
もちろん人生の舵を取り戻すために、to-doリストをパスワードに使うことも考えたよ。
だけど人って、あんまりそういうのに目を向けないんだよね。

だから、パスワードにはToDoじやなくて、人生の指針を使ってみたんだ。
僕のパスワードは、自分がボロボロの気分にさらされる犠牲者じゃなくて、その逆なんだということを思い出させてくれたんだ。

そして最初のパスワードはこれにしたよ。

"Forgive@h3r"(彼女を許せ)、さ。

ミーティングの間、ずっと僕は自分がやったことの意味を考えていた。
思わず何度もニヤニヤしたな。

その週の終わりまで、パソコンがロックされるたび、スクリーンセーバで彼女の写真が表示されるたび、ひとりきりのランチから戻るたびに何度も何度も同じパスワードを打ち込んだんだ。
「彼女を許せ」とね。

心の中では、パスワードを打ち込むという感じじゃなく、マントラを唱えているような感じだったよ。
自分自身に何度も何度も言い聞かせていたんだよ、「彼女を許せ」って。

この実にシンプルな行動で、僕は前妻を見る目が変わった。
何度も何度も彼女を許すべきだと思い出させてくれ、僕は結婚生活の終わりに起きたことを受け入れられるようになったんだよ。
そのことは、僕が呑みこまれそうになってた絶望と付き合う新たな道を教えてくれたんだよ。

その後、僕の落ち込みは劇的に改善されていったんだ。
次の週の終わりまでには、このパスワードの効果も薄くなってきて、このシンプルなマントラを唱えることが僕自身を助けていることに気がついたんだ。

1ヶ月後、親愛なるExchangeサーバは再びパスワードを更新するよう求めてきたとき、
僕は次に自分が何をすべきか考えたんだ。

それで今度のパスワードはこれになった。
Quit@smoking4ever(タバコをきっぱりやめる)。

その後に起こったことが想像できるかい?
実は、本当にタバコを止められたんだよ。
それまでいろんな方法を試してて、禁煙の本を読んだり、電子タバコを試したり、禁煙パッチ試したりと・・どれもこれも全然うまくいかなかったんだ。
でもこのパスワードひとつで禁煙できたんだ。

このパスワードを打ち込んでる1ヵ月はきつかったよ。
ただね、禁煙宣言のパスワードを打ち込むことで、心の中で叫ぶことできて、その月のゴールに到達するためのモチベーションをなんとかもたせることできたんだ。

そしてさらにその1ヵ月後、次のパスワードはこうなったよ。
Save4trip@thailand(タイに旅行のために貯金)

なんと想像できるかな?
その3ヶ月後に僕はタイ旅行に行けたんだ、貯金で。

こういったアファメーションをパスワードとして打ち込むことで、その月の目標(ゴール)に対するモチベーションが保てて、現実化してくる。
人は往々にして、自分の次の目標が何かもわかっていないし、どうすれば変わることができるのかもわかっていないし、どこに向かうかもわかっていないものだよね。

しかし指標をパスワードに打ち込むというシンプルなやり方は、目標をはっきり自分に分からせることができるんだよ。

僕がパスワードで学んだことは、マントラを打ち込むというほんの小さな習慣でも正しく地道にやればその月の目標にフォーカスを続けられ、自分を変えることができるってことだったんだ。

最後に、僕がこの2年間で使ったパスワードのいくつかを紹介しておくね。

Forgive@her(彼女を許せ。←前妻への言葉だね、すべての始まり)

Quit@smoking4ever(タバコをきっぱりやめる ← 成功)

Save4trip@thailand(タイに旅行に行くため貯金する ← 成功)

Eat2times@day(食事は1日に2度に ←これはうまくいかなかった。まだ太ったままだし)

Sleep@before12(12時前には就寝する ← 成功)

Ask@her4date (彼女をデートに誘う← 成功。僕はまた恋に落ちた)

No@drinking2months (2か月間禁酒する← 成功)

Get@c4t!(猫を飼う ← 成功。いま僕は愛らしい猫を飼ってる)

Facetime2mom@sunday(日曜日は母親とビデオチャットする ← 成功。毎週母と話してる)

ありがとう、パスワード!

そしてこいつが先月のパスワード。

Save4@ring(指輪を買うため貯金する。 ←そう!人生は変えられるんだ、すぐにでも)


最後にあった以下の投稿者コメントに敬意を表して、この記事が伝わりますように!

Pass the tip to those who might need it.
(このティップスを必要としている人に伝えて欲しい)

PS:(KENBO追記)

Mediumにこの記事が投稿された日は2014/5/15

その後、2014/7/21に素敵なアップデートが追加されていました。

これは、Save4@ringについての結果ですね。

こうありました。

"She said yes"

と。

  • この記事を書いた人
KENBO

KENBO

ネットとリアルにまたがって雑談書いてます。

-酔いどれ日記
-,

Copyright© オモログ , 2018 All Rights Reserved.